カテゴリー: LIVES プロデュース公演

「ROPPONGI NIGHTS 2009」再

「ROPPONGI NIGHTS 2009」再

作・演出 大浜 直樹  

日時:2009/12/3(thu)~6(sun)  会場:吉祥寺シアター

出演
大浜 直樹 山田 古馬 雑賀 克郎 石橋政人
佐藤 夏紀 東川 清文 小澤 真悟 中野 淳史
青木 絵璃 足立 百合子 市橋 正光 森村 裕美
笑門 福 天野 奈美 池田 亜衣子 印南 雅子
太田 彩乃 甲斐 浩 柴 ヤオ 佐々木 智秋
早乙女 敬良 野辺 富三 森永 雅幸

スタッフ
美術・舞台監督   ソマリ工房 / 照明 根橋生江 (ライティングユニオン) 
音響  須坂あゆみ (スタジオエッセンス)  / チラシ撮影・スチール 関根一秀(ZOTA PROJECT) 
チラシデザイ   小藤貴之 / 会場運営統括  小野寺誠  
受付運営統括  安斎朋子 / プロデュース協力 関根一秀(ZOTA PROJECT)  

協力
オフィスJOMA ケンユウオフィス サンズエンタテイメント (有)ライティングユニオン 
ロングランプランニング(株) 浪曼房 (有) メディア・オブ・サーガ サブテレニアン イイジマルーム 
小嶋聡 岩井康陽

企画・制作 LIVES

◇お客様の声◇
■登場人物それぞれに物語があって、笑えて、最後には心が暖かくなって、とても素敵な作品だったと思いました。 すべてのキャラクターたちが、舞台上で生きていました。素敵な時間をありがとうございました!(女性)
■ずっと笑って観ていましたが、ラストシーン終わって拍手をしていたら、笑いながら涙が出てきました。不思議です。(女性)
■「ROPPONGI NIGHTS2009」、最高のエンターテイメントでした!!「ダンディ西とザ・ダンディ・ジャックス」、爆笑のエンターティナーでした!!(男性) 

「ユメミウタ」LIVES ACT CLUB プロデュース公演

「ユメミウタ」LIVES ACT CLUB プロデュース公演

作・演出 大浜直樹

日時:2009/11/5(thu)~9(mon)  会場:アイピット目白 

出演
山田古馬 雑賀克郎 東川清文 
市橋正光 佐藤夏紀
宇藤優花 高橋陽子 笑門福 
甲斐浩 木村圭吾 
杉山明世 豊田崇史 中塚映璃 成川友里子
平井明日香 村田美輪子 守美樹 大浜直樹

「Dear My Hero」再

「Dear My Hero」再

作・演出 大浜直樹

日時:2009/7/8(wed)~12(sun)
場所:東京芸術劇場 (シアターウエスト)  

□出演
大浜直樹 石橋政人 登守髭生 山田古馬 小澤真悟 雑賀克郎 佐藤夏紀
足立百合子 池田亜衣子 石原和海 市橋正光 上田勝也 宇藤優花  
大久保晴菜 甲斐浩 神楽恭平 木村圭吾 木村望子 早乙女たから
杉山明世 南雲則治 棗柾孝 成川友里子 平井明日香 
細川量代 本家徳久 吉藤健太郎 笑門 福

□スタッフ
舞台監督 坂 享宣 (ソマリ工房)  照明 根橋生江 (ライティングユニオン)
音響 須坂あゆみ (スタジオえっせんす)  映像記録 小嶋聡、田沼敦 (CEL) 
印刷デザイン 岩井康陽  舞台美術 フーヤ (ソマリ工房)  
制作協力 イイジマルーム
企画・制作 LIVES

◇お客様の声◇
■最高でした!!泣きました。ボクシングを通してのいろいろな人達の人間ドラマに感動しました。愛すべき人達の愛すべきドラマに感動しました。登場する全ての人が魅力的でした。来てよかった。私の明日も熱い明日にしていきたいです。ありがとうございました!!最高!!(女性)
■爽やかな気持ちになりました。勝負の場面は何回もあるけど、勝つことはそう多くない。まさにそうです。敗けばっかりの人生だからこそ、勝てた時の喜びはひとしおですね。勝ち組、負け組などというランク付けの軽ーい世の中。真剣に生きることは恥ずかしくないんだ!!と元気がもてました。(男性)
■観に来てよかったって思いました。今の自分と重ね合わせて色々考えてしまいました。迷っていたことがふっきれた気がしました。前に進もうと思います。何度倒れても!!(女性)
■話の内容も演出もすごく面白かったです。心に残る作品でした。感動しました。涙出ました。舞台っていいですね。生ってやっぱり素晴らしい。ありがとうございました。(女性)
■最初からお芝居にひきこまれました。冴えないボクサー達、引退、新人、ご婦人方、親子、恋人、色々な人達の想いが強く心に響いて。最後は涙がとまりませんでした。優しくて元気になれる物語をありがとうございました!!(女性)
■今年観た舞台の中で1番!!最高の舞台でした。きっと今年はこれ以上の舞台は観られないです。笑いありナミダあり本当に良いモノを観れました。ありがとうございました。(男性) 

『ROPPONGI NIGHTS 2009』

『ROPPONGI NIGHTS 2009』

作・演出 大浜直樹

◇ストーリー
昔やくざだった男が六本木にショーパブをオープンさせた。
これを機に恋人との結婚を考えている。
そこにやって来る客、昔の舎弟、熟れたストリッパー、
売れない歌手等々が入り乱れる六本木の一夜を描くダンディズムコメディー!!

日時:2009/2/22~25
会場:吉祥寺シアター

出演
大浜直樹、登守髭生、群馬榮、山田古馬、東川清文、小澤真悟、雑賀克郎、佐藤夏紀、
青木絵璃、石原和海(夢工房)、印南雅子、中野淳史、今力、高橋美津子、高橋陽子 (メロウリップス)、
手塚百香、富田千尋 (空中バレエ)、ふじたみき、古澤光徳、森谷勇太 (ティーアーティスト)、笑門福。

スタッフ
舞台監督    坂 享宣 (ソマリ工房)
照明      根橋生江 (ライティングユニオン)
音響      須坂あゆみ (スタジオえっせんす)
映像記録    小嶋 聡 田沼 敦 (CEL)
舞台美術      ソマリ工房
チラシ撮影      関根一秀
印刷デザイン  岩井康陽
プロデューサー  坂 享宣 ((株)e-brain)、松野正史
企画•制作    LIVES

◇お客様の声◇
■素晴らしかったです!今年は始まったばかりですが、 2009年最高の舞台を観た気分でした。(男性)
■あっという間の2時間でした。最高に面白かったです。30秒に一回笑わせてもらった感じです。(男性)
■本当に久しぶりに笑いました。こんな楽しい芝居があったのか…おどろき!! 高いお金出さなくても、それよりも2倍も3倍も面白く芸達者な方々にこれからも期待しています。(女性)
■こんなに素敵なお芝居を観たのは初めてです。一瞬一瞬一言一言に一人一人全員の魂を感じました。 本気で初めて芝居で泣きました。感動をありがとうございます。(男性)
■前回もそうなのですが、いつも観ると癒されます。人って捨てたものではないという気がします。 今回はたくさん笑いがあり、涙あり、素敵な時間をありがとうございました。 次回作も期待しています。(男性)

「寸劇役者に花束を-秋の唄2008-」

「寸劇役者に花束を-秋の唄2008-」

作・演 大浜 直樹

日時:2008/10/8~13
会場:笹塚ファクトリー  

 ◻キャスト
大浜直樹 登守髭生 山田古馬 佐藤夏紀 三浦明日香 
群馬榮 東川清文 小澤真悟  岸村芽衣子
青木絵璃 飯塚克之 片山なつ海 雑賀克郎 
つきよな照世 手塚桃子 豊田崇史 東野善典 
三溝浩二 森谷勇太 渡邊恭子

◻スタッフ
舞台監督     坂享宣   
照明          根橋生江 (ライティングユニオン)
音響       畠山慎一  
映像記録     小嶋聡、田沼敦 
印刷デザイン     岩井康陽
舞台美術      ソマリ工房  
企画・制作    LIVES

 ◇お客様の声◇
■本当に素敵な舞台でした!!笑えて泣けて感動して楽しめて。照明や美術はシンプルでもここまで世界が広がって心に届く舞台ができるんだなと思いました!(男性)
■ずるいです。大浜節でこんなお話をやられたら大泣きです。命が軽くなってしまったような昨今、生きること、夢を持つことが素敵なことだというシンプルな原点を見せていただきました。 I love LIVES!(女性)
■感動あり、笑いあり、涙あり、希望を持てるようなお芝居を見させて頂いて、見に来て本当に 良かったです!本当にありがとうございます!感謝します!! 全部素晴らしかったです。これが舞台じゃなく家で見るTVなら大声を出して笑い、大声をあ げて泣いたと思います。感動しました。ありがとうございました。“日常”がこんなにドラマに なるなんて、素敵です。(女性)
■最高でした。何も言うことがないくらい素晴らしい。人間ていいなあ、愛って素晴らしいなあ と思いました。感謝の気持ちでいっぱいです。(女性)

『Dear My Hero』

『Dear My Hero』

作・演出 大浜直樹

日時:2008/5/28~6/1
会場:中野 ザ・ポケット
   
◇ストーリー
ボクシング。 大歓声!TV中継!!リングサイドの芸能人!!!
それらとは全く無縁の、 いわゆる前座試合のボクサーたち。
勝てば天国。負ければ地獄。

ボクシングに青春を、人生を懸けた男たちの
おかしくも哀しい 哀しくも勇ましい なにより愛しい人間喜劇

■出演
大浜直樹、石橋政人、登守髭生、
佐藤夏紀、友松栄、三浦明日香、
横田晃一、小澤真悟、小柳津栄人、
青木絵璃、青澤佑樹、足立百合子、
飯塚克之(エルモア)、岡部由美、
沖正人(K’sFACTORY)、岸村芽衣子、
葛上昇悟、高橋美津子、手塚桃子、
福田由香理、ふじたみき、
松下くみ子、三溝浩二、他

■スタッフ
舞台監督   坂享宣
照明     根橋生江(ライティングユニオン)
音響     岡村崇梓
映像記録   小嶋聡(CEL)
チラシデザイン 岩井康陽
舞台美術   ソマリ工房
企画・制作   LIVES

『夢~池袋ミッドナイツ~』

『夢~池袋ミッドナイツ~』

日時:2008/1/31~2/3
会場:池袋シアターグリーン( BIGTREE THEATER)

◇ストーリー◇
東京・池袋にあるショークラブ。その店で働く者たちは、みなそれぞれ夢を抱いて生きていた。 歌手を夢見る少女。役者になりたいボーイ。女帝を目指すホステス。お店のママになりたいおかま。 その店にやってくるお客たちもまた、それぞれ夢を抱いて生きていた。No.1とのデートを夢見るモテない男。 売れたいと願う三流歌手。夜王に憧れるダメホスト。そんな店で働く一人のボーイが、夢半ばで故郷に帰ることとなった・・・

■キャスト
大浜直樹、石橋政人、登守髭生、佐藤夏紀、三浦明日香、友松栄、東川清文、
青木絵璃、池田亜衣子、上聡真季子、岡部由美、小澤真悟(フェイムステージ)、
小柳津栄人、金子宏美、鎌田徳晴、岸村芽衣子、工藤紗弥、出羽一哉、
東野善典、目次里美、山西真帆、横田晃一

■スタッフ
舞台監督 坂享宣
照明 根橋生江 (ライティングユニオン)
音響 岡村崇梓
撮影 小嶋聡・田沼敦 (CEL)
チラシデザイン 岩井康陽
舞台美術 ソマリ工房
企画・制作 LIVES

◇お客様の声◇
■衝撃的でした!公演を観て勇気をいただきました!夢を持って歩いている人たちに、 とても力を与えていただきました!自分も明日からまた頑張ろう!そう自然に思えた素晴らしい作品でした! 夢のような時間をありがとうございました!(女性)
■気持ちのいいテンポ感、登場人物ごとのドラマに一気に引き込まれた。いろんな人のいろんな人生、 いろんな言葉、夢。考えさせられるものがありました。みなさん、ありがとうございました。(女性)
■圧倒的に引き込まれ、二時間がほんとにあっという間でした。正直言って舞台はつまらないと思ってましたが、 今までに観たどんなドラマよりも楽しく、感動した舞台でした。舞台ってこんなに面白いんだ、夢を持つことって こんなに素晴らしいんだと、素直に思えた夢一杯の公演でした。(男性)
■どこからがセリフで、どこからがアドリブなのか判らなかった。舞台を見ているというより、 その場その場をリアルに眺めている感覚でした。笑い、泣き、感動し、本当に気持ちの動く素晴らしい 観劇でした。(男性)

『恋の妖精』再

『恋の妖精』再

作・演出 大浜直樹

日時:2007/11/27~11/29
場所:笹塚ファクトリー 

◇ストーリー◇
ペンション沼田。澄み切った森の奥に佇むごく普通の寂れたペンション。 宿泊客もなく、閑古鳥が鳴くペンションに、ひょんなことから主人のメル友が 泊まりに 来ることに。 なんとかして仲を取り持ちたい3人の子供達は、インターネットで 宣伝する ことを思いつく。 だが、父親を慮った小さなウソのために、次第に事は大きくなってゆく・・・

□キャスト
大浜直樹 石橋政人 佐藤夏紀 三浦明日香 友松栄 東川清文
天野裕加里 網屋利子 印南雅子 岡本篤 小柳津栄人 雑賀克郎 
中塚映璃 福田真夕 坂下くみ子 薬袋いずみ 横田晃一 HIGE

企画・制作 LIVES

◇お客様の声◇
■今日の観劇者はきっと恋の妖精を確かに観たと思います。外は冬で風が冷たくても、きっと幸せなスキップをふみたい気分で帰れたと思います。ありがとうございました。(男性)
■それぞれの人間の、時にバカバカしくて、時に打算的で時に悲しくて、または滑稽で???。それでいて相手を思い遣る気持ちや、何かを信じる気持ちが暖かく描かれていて、人間や人生の素晴らしさを笑いながら感じることのできる素敵な公演でした(女性)
■うわぁー。ものすごいハッピーエンド!素敵です。毎回思うのですが、脚本・演出、 素晴らしいです。飽きさせないし、間もいいし。本当にスゴイ。ライブズ最高!!(女性)
■2時間、笑えて感動できて、とても楽しかったです。舞台はあまり好きではなかったけど この作品で変わりました。本当に面白かったです。役者さんも皆凄く個性があって良かったです。 素敵な時間をありがとうございました。(女性) 

『夢の唄』

『夢の唄』

作・演出 大浜直樹

日時:2007/9/5~9/9
会場:池袋シアターグリーン(BOX in BOX THEATER) 

□キャスト
大浜直樹 石橋政人 登守髭生 
友松栄 東川清文 佐藤夏紀 三浦明日香
あつき 天野裕加里 石原和海 岡部由美 
小澤真悟 小柳津栄人 鎌田徳晴 楠本奈美 
豊田崇史 雑賀克郎 東野善典 村田美輪子 
八島未来 横井ひとみ

□スタッフ
舞台監督・美術 坂亨宣(ソマリ工房)
照明 根橋生江(ライティングユニオン)
音響 須坂あゆみ
企画・制作 LIVES

◇お客様の声◇
■とても笑えてとても泣ける作品だった。夢を追うことの大切さを痛感させられ思わず泣いてしまった。 すばらしい劇をありがとう。(男性)
■まるで腕利きシェフのいるお店の豪華なワンプレートランチのようで、 充実した贅沢な時間をいただきました。素晴らしかったです!(男性) ■かなり面白かったです。一瞬たりとも退屈しませんでした。大笑いして感動して、 観終わった後心の中に「なにか」が残る凄い公演だなと思いました。(男性)
■心から涙しました。 本当に楽しい時 本当に嬉しい時 本当に淋しい時 本当に悲しい時 心の中で涙が出るものです。最高の涙をありがとうございました。(女性) 

「せんせい」

「せんせい」

作・演出 大浜直樹 

日時:2007年4月11日(水)~4月15日(日)
場所:池袋シアターグリーン(BOX in BOX THEATER)

◻キャスト
大浜直樹 石橋政人 登守髭生 大城力
佐藤夏紀 坂井クミ子 三浦明日香 友松栄
網屋利子 江藤亜耶 小柳津栄人 金子宏美
岸村芽衣子 しんき 田町弥子 塚田彩
出羽一哉 中塚えいり 永尾斎 
野水佐記子 東川清文 山田裕子

□スタッフ
舞台監督・美術 坂享宣 (ソマリ工房)
照明 根橋生江 (ライティングユニオン)
音響 須坂あゆみ
企画・制作 LIVES

◇お客様の声◇
■最後にどうしようもなく涙が出ました。いろいろな意味で自分の人生を重ねてしまうからだと思います。 これからも心に残る作品を期待してます(男性)
■久しぶりに舞台を観て泣きました。人間ていいな、人との出会いって素敵だなって心から思いました。 とても素敵な舞台でした。ありがとうございました。(女性)
■お世話になった先生に会いに行きたくなりました。昔の友達に会いに行きたくなりました。 笑って泣いて、優しい気持ちになれる最高の舞台だったと思います。(女性)
■コミカルに表現されてるので楽しくて笑ってしまうのだけれど、作品の根底に流れているのは深い人間愛。ラストは号泣してしまいました。ありがとうございました。(男性)