カテゴリー: LIVES 単独LIVE

「おとこうた」 LIVES16

「おとこうた」 LIVES16

作・演出 大浜直樹

日時:2010/12/18~12/20  会場:劇場HOPE 

◻キャスト
大浜直樹 山田古馬 雑賀克郎 石橋政人 
佐藤夏紀 東川清文 小澤真悟 中野淳史 
足立百合子 市橋正光

◻スタッフ
舞台監督 下條高裕 /  照明 井上健(ライティングユニオン)
音響 群馬榮 /  映像記録 小嶋聡 / カメラマン 星弘明   
チラシデザイン 橋本篤 /  制作 福田恵太
企画・制作 LIVES

 ◇お客様の声◇
■悲しくもおかしい男達の物語、最高でした。 情けなさ、みっともなさを笑えるのは、真の優しさ真の強さ、そんなLIVESの魅力がつまった最高の舞台でした。 ひとりひとりの役者さんの魅力がつまったとてもパワフルなパフォーマンスに涙が出る程笑いました。(女性)
■リズム、テンポが良く間が素晴らしい。心が乗せられるようで楽しく面白かったです。 些細な笑いの中、細やかな表情の中に人間愛がこもっていました。今後も「人を愛せ、人生を笑え」の演劇を見させてください。頑張ってください!!(男性)
■今回も本当に笑った。笑って笑って笑って泣いた。絶対近い将来オーディションを受けたい。 毎回これだけのアイデアとクオリティを出せることに、感服。(男性)
■“男”として今回の公演を拝見させていただきました。 凄く悲しいのだけど、それを笑いに変換できるのは本当に凄いなと思いました。 知人の紹介で今回福岡から参りましたが、交通費はたいてでも来て良かったと今、心の底から思っております。 素敵な瞬間に巡り合わせていただき本当に感謝しております。ありがとうございました!!(男性)
■とにかく笑った。腹の底から笑った。2010年を笑顔で締めくくれてHAPPYです。 笑うって最高ですね。素敵な時間をありがとうございました。(女性)

『極み唄』LIVES単独ライヴVol.15

『極み唄』LIVES単独ライヴVol.15

作・演出 大浜直樹  

日時:2009/9/15-20  会場:タイニイアリス

出演
大浜直樹 登守髭生 雑賀克郎 山田古馬 
佐藤夏紀 東川清文 小澤真悟 中野淳史

スタッフ
照明/根橋生江 (ライティングユニオン)
音響/須坂あゆみ (スタジオエッセンス)
企画・制作 LIVES

◇お客様の声◇
■素晴らしかったです。「笑い」「人生の切なさ」みたいなものを感じ、会ったことのない人達の今夜を空想しました。すごく飲みたくなりました。ありがとうございました。(男性)
■笑いを通して人生の悲哀を感じさせる作風が大好きです。単独ライブはLIVESの原点の様で特にファンです。(女性)
■渋い!人間がそこにいた!涙と笑いにいつも感動してます。人生や男のわびしさ、哀しさ、滑稽さに思いを馳せさせるのですが、見終った後になぜか心地良い。素晴らしいです。(女性)
■ずっと楽しかったです!!なんであんなにも愛おしい人たちなんだろう・・・。「面白い」だけじゃなくて「大好き」になれる!素敵な時間をありがとうございました!!(女性)
■「極み」とは「人間」のことか「愛」のことか。 「人を愛せ、人生を笑え」。色々な人間の「生き様」に大笑いしたあと、心の中が「あい」で満たされた気がします。素晴らしかった!!(男性)

「単独ライヴ Vol.14」

「単独ライヴ Vol.14」

作・演出 大浜直樹
~ 人生は、コント ~
新生LIVES始動。

会場:タイニイアリス  日時:2005/10/1~10/2

□キャスト
大浜直樹 石橋政人 登守髭生 大城力
佐藤ケン 竹内美和 古谷まどか

企画・制作 LIVES

◇お客様の声◇
■「人は笑うことができる素晴らしい生き物」というセリフが胸にこたえました。(女性)
■日本の何処かで、ありそうでなさそうで、ありそうな感じがたまらなく面白い。(女性)
■常識と非常識のはざまの笑いが最高です。(男性)

単独ライヴ Vol.13

単独ライヴ Vol.13

作・演出 大浜直樹

僕らはみんな、おもしろい 

会場:新宿シアターモリエール
日時:2004/8/27~29

◇お客様の声◇
■初めて演劇を観たが、強烈だった。笑いが止まらない。音楽もいいし、また観たい。(男性)
■コントなのにコントじゃない。面白いのになんか泣きそうになる。素晴らしかったです!(女性)
■ジェットコースターに乗ってる感じ。全ての気持ちが詰まってる。(男性)  

単独ライヴ Vol,12

単独ライヴ Vol,12

素晴らしき哉、人生(コント)

作・演出 大浜直樹

日時:2004/6/15~6/16

◇お客様の声◇
■コント仕立てなのに品を感じた。優しさを感じた。なによりたくさんの愛を感じた。(女性)
■ただのコントじゃないとこがいい。リアルで、ストーリーがあって、しかも泣けちゃいました。(女性)
■さっきまで大笑いしてたのに、観終わるとなんだか切ない気持ちでいっぱいです。人の暖かさを感じました。(女性)

単独ライヴ Vol,11

単独ライヴ Vol,11

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は cci20171219_0002-1024x718.jpg です
私達も、応援しています(by The DANDY JACKS)

会場:新宿スペース107
日時:2003/9/26~28

◇お客様の声◇

■爆笑して、観終わった後興奮してた。なぜだろう。期待を裏切らない出来に感謝。(男性)

■普通のお芝居かと思ってたら、やられました。面白かったです。次回も絶対行きます!(女性)

■人に誘われ観に行ったが、観終わった後、友人に感謝した。面白かった。(女性)

 

単独ライヴ Vol,10

単独ライヴ Vol,10

書を捨てよ 町に出よう 
星を眺め 夢を見よう
恋をしよう 宝を探せ 
人を愛せ 人生を笑え    
人生は素晴らしい

シアターV赤坂   2003/4/24~26

◇お客様の声◇
■初めてライブズを観た。初めて舞台を観て心底笑えた。(男性)
■とにかく笑った。日常のほんの些細な事なのに、こんなに面白いなんて。 これから楽しく生きていけそう。(男性)
■全員同じ人なんですよね?なのに作品毎にキャラがあって。愛しく感じました。(女性)

単独ライヴ Vol,9

単独ライヴ Vol,9

作・演出 大浜直樹

人生はコント。 人間はコメディアン。
名もなく優しい人たちの、 切なく楽しい物語。
人生は素晴らしい、人生は笑える。   みんな、生きている。

ブティストホール  2002/12/6~8

◇お客様の声◇
■LIVESの魅力には単なる爆笑や面白さではない悲しみの影がある。 そしてこの切ないと言っていい感覚が、笑いにより深みを与え、幸福感を高めるのだろう。 どうもお疲れ様。 そしてありがとう。(男性)
■初めて来ました。 ずっと笑い泣きしてました。 全ての話がわかりやすく、面白い。 選曲のセンスが素晴らしい。 みなさんに元気を分けてもらった感じです。 とにかく面白かった!(女性)
■4人のバランスがすごくいいです! 大ボケの人、話の軸を担当する人、 アクセントをつける人、キャラの人。ホント凄いです! 大浜さん(4人のうちどの人か 分からないですが)という天才の実力を見れてとても嬉しく思います。 オチだけではなく、ストーリーを閉めるとことか…上手いなあって。(男性)
■キャラクター作りが凄すぎて、素の顔が全く分からない。 作品が変わる度に「あれ、この人はひとつ前の話のどの役の人?」 ってほんとに思いましたもの。 この面白さを一人でも多くの人に観てもらいたいので、友人たちにも話まくりますね。(女性)
■舞台でカッコつけようなんて気がさらさら無いのはメチャクチャカッコイイ! ダンディジャックスなんて、メチャメチャまぬけなのに、途中から メチャメチャカッコ良く見え始めた!  歌、シビレタ!(女性)

「単独ライヴ Vol,8」

「単独ライヴ Vol,8」

作・演出 大浜直樹

演劇か コントか 
喜劇か 悲劇か 
王道か 邪道か
人を愛せ人生を笑え。  
E-1王者、見参。

銀座小劇場  2002/5/10~12

◇お客様の声◇
■E-1で知って来ました。 全く期待を裏切らない出来だったと思います。 舞台はよく観ますが、久しぶりに大変面白いものをみせて頂きました。(29才、女性)
■興奮しすぎて何も書けません。 とにかく面白かった。 最高です。 E-1で知り、5年ぶりに自分でチケットを申し込みました。(男性)
■爆笑しているのになぜか切ない。 すごく切ないのに、すごく可笑しい。 こんな舞台初めて観た。(27才、男性)

「単独ライヴ Vol,7」

「単独ライヴ Vol,7」

作・演出 大浜直樹

愛と感謝と笑いを込めて。

新宿FU~  2001/7/24

◇お客様の声◇
■3回目だが、観る度に面白く感じるのが凄い!(25才、男性)
■最初から笑いまくりました。このまま最後までいくのかなと 思ってたら最後の「瀬戸の花嫁」でジーンと。  笑い泣きしちゃいました。(23才、男性)
■これだけリアルでこれだけ笑えれば完璧でしょう!(28才、男性)